僕も1度、いや、2度3度はまりました
激甘アイスミルクティー、激甘アイスコーヒーですね.
はまると抜け出すのが大変で... 大変で...

タイ在住者の多くの人が1度は必ずはまるのです.
なぜでしょうか?

 プーケットに住み始めた当初

『これは人間の飲む物じゃない』っと思ったもんです.

ただ、ただ甘いだけ、でも甘さの中に茶の渋さがあるのです.

毎日、毎日飲んでいるとこの甘さが恋しくなるのです.

『あれ、今日は茶、ケチっているね』『薄いよ』っと

たった20バーツ、されど20バーツ、日本で約70円ですね.

僕が買っても20バーツ、タイ人が買っても20バーツです.
日給300バーツ、400バーツの人もなぜか買うのです.

タイ人の朝食と言えばアイルミルクティーチャーイェン

もち米やチキンと一緒に飲んでいる人もいます.
スゴイ組み合わせだな~っと思うのですが...

やっぱりこの甘さが必要なんでしょうね.
年間を通して気温28度前後、ムンムンとして陽気ですからね.
蒸し暑い朝にはやっぱり甘い飲み物なのでしょうか?

もちろん珈琲もありますよ.

ほのかに香る珈琲の豆、ミルクもたっぷりです.

『今日はブラックにしてね